1. 眠れない時にハイプナイトが役に立つ!   >  
  2. こんな時ハイプナイトが必要

こんな時ハイプナイトが必要

過ぎゆく人々がピンボケしている

持続効果が約4〜5時間とされているハイプナイトは、短時間作用型に分類されます。このような睡眠薬は、入眠障害や中途覚醒という不眠症の症状で悩む人に必要です。実際にどういう状況・環境で必要になるのか紹介します。

もっとも多いのが、夜になかなか寝付くことができないという症状です。これは、寝ようと思っても目が冴えてしまったりいろいろな考えや悩みが頭をめぐって眠れないというような状況がおこります。寝付くことができたようで、はじめは半分おきているような感覚がしばらく続く人も同じようなことがいえるでしょう。

一般的に布団に入って目を閉じた状態でも、30分以上寝付けないことが連日続いたりそれがひと月の間に何度も起こるなどの症状は入眠障害の可能性があるといえます。こうした入眠障害の症状がある人が、ハイプナイトを服用することで心身を落ち着かせてくれるので、眠りにつきやすくなるのです。

そして中途覚醒については、眠れても夜中に数回目が覚めてしまう症状のことをいいます。眠りが浅いなどのことも関係している可能性もありますが、途中で目が覚めるのを経験すると寝た気がしないように感じる人もいるでしょう。このときにハイプナイトを服用することで、約4〜5時間の持続作用を得ることができるので、リラックスした状態を保ったまま最低限の睡眠時間を確保しやすくなります。

単純な寝不足でも、睡眠時間が短いことは体力的にも精神的にも辛くなります。睡眠障害が数日、数ヵ月というように続いてしまうと免疫力が落ちて体調を崩しやすくなったり、精神的にも影響を及ぼしてうつ病を発症させてしまう可能性もあるのです。睡眠という生活習慣は、治そうと思ってもすぐに治るものでは無いので症状が軽いうちから、ハイプナイトで不眠症改善のサポートが必要といえます。